中野区の歯科「沼崎歯科医院」TOP > 虫歯治療

虫歯治療

虫歯のホント

虫歯とは

虫歯は、虫歯菌が出す酸によって引き起こされる病気です。食べカスや磨き残しに含まれる糖分を栄養源に虫歯菌が酸を出し、歯が溶かされてしまうのです。酸が作られるまでには時間がかかるため、その前にブラッシングで原因を取り除くことが大切です。

虫歯の進行段階を知ろう

虫歯は5つの段階に分けることができます。段階ごとの症状や特徴、正しい治療法を確認してみましょう。

C0 初期の虫歯

C0 初期の虫歯

症状 治療法
歯の表面が溶け始めた状態。白く濁って見えますが、自分で見つけるのは難しいでしょう。この段階では、まったく痛みを感じません。 ・適切なブラッシング
・フッ素塗布
治療期間……即日
麻酔……不要

C1 エナメル質の虫歯

C1 エナメル質の虫歯

症状 治療法
歯の表面のエナメル質が溶かされた状態。ご自身ではわかりづらいですが、定期検診で見つけることができます。まだ痛みはありません。 虫歯除去→詰め物
治療期間……即日
麻酔……不要

C2 象牙質の虫歯

C2 象牙質の虫歯

症状 治療法
エナメル質の奥の象牙質が溶かされた状態。歯に空いた穴が肉眼でも確認できます。冷たい物がしみ、鈍痛を感じます。 虫歯除去→歯型採取→詰め物・被せ物(複数ある場合)
治療期間……通院回数1~2回
麻酔……必要

C3 神経の虫歯

C3 神経の虫歯

症状 治療法
神経まで虫歯菌が達した状態。冷たい物はもちろん、熱い物もしみ、何もしなくても激しい痛みを感じます。肉眼でもハッキリと、歯の破壊が確認できます。これ以上進むと、歯を失うことになるかもしれません……。 虫歯除去→根管治療(神経除去・薬剤注入)
治療期間……病状の程度にもよりますが、
         通院回数1~5回
麻酔……必要

C4 神経が壊死した虫歯

C4 神経が壊死した虫歯

症状 治療法
神経が死んでしまった状態。神経が機能しないため痛みが一時期なくなりますが、さらに放置すると膿(うみ)が出て想像を絶する痛みが生じます。 虫歯除去→根管治療(神経除去・薬剤注入) →被せ物(入れ歯・インプラントなど)

3mix法

3mix法とは、虫歯を極力削らない薬を使用した治療法です。3つの抗菌剤をミックスした薬を虫歯に塗布し、無菌化します。肉体的にも精神的にも負担が少ない虫歯治療です。歯を削りたくない方、機械音が苦手な方、麻酔をかけたくない方などにおすすめです。

このページでは虫歯についてお伝えしてきましたが、併せて気をつけたいのは歯周病です。歯を失う原因は、虫歯よりも歯周病のほうが多く、成人が歯を失う原因の約8割は歯周病が原因といわれています。